アイキララ 副作用

アイキララの成分一覧表!アレルギーなどによる副作用の心配について

 

「アイキララを使って副作用が出た人はいないの?」

 

もしアイキララを使ってトラブルがあるとしたら...

 

・一部の成分によるアレルギー反応
・残念ながら刺激が強くて赤みが出る

 

ということが考えられます。

 

でも逆にいえば、よっぽど安心ということです。

 

アレルギーなどによる副作用の心配について

 

あとで成分一覧表を載せておきますが、決して有害になるような成分はありません。

 

ですから....

 

・アレルギー持ちの方は、以下の成分表で確認しておく
・肌が敏感な方は、パッチテストしてから使う

 

という感じで、事前にチェックしてから手に入れることをオススメします。

 

アイキララ自体は、ユーザー満足度80%超えで、私自身も手放せなくなっています。

 

ですから本音をいうと「とにかくオススメだよ!迷ってるなら試してみて!」と全面的に推したいものですが、やっぱりアレルギーなどの影響があるとなると、そうとは言い切れません。

 

ということで気になる方は、以下のアイキララの成分一覧表を確認してからにしてくださいね!

 

パッチテストについては、こちらのページで書きました。

 

⇒ アイキララは敏感肌でも大丈夫?赤みなどでないか検証!

 

アイキララの成分一覧表!アルコールフリー表記なのにナゼ?

 

では、こちらがアイキララの全成分です。

 

以下の成分が効くことで、クマやたるみなどに効いてくるんですね~

 

水、DPG、コメヌカ油、パルミチン酸エチルヘキシル、グリセリン、ベヘニルアルコール、トリエチルヘキサノイン、ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル、セテス-25、ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸、パルミトイルテトラペプチド-7、パルミトイルトリペプチド-1、クリシン、N-ヒドロキシコハク酸イミド、ステアレス-20、グルコン酸クロルヘキシジン、アンズ核油、アボカド油、カニナバラ果実油、ヒマワリ種子油、ナットウガム、BG、ジメチコン、トコフェロール、コレステロール、シア脂、エチルヘキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル

 

アイキララの成分一覧表!アルコールフリー表記だけどナゼ?

 

で、アイキララって「アルコールフリーで肌に優しい!」というメリットがあるんですが...

 

成分表もみると...「ベヘニルアルコール」というのがありますよね?

 

これはアルコールの一種なんですが、エタノールの入っていないタイプのアルコールのようです。

 

ですから法律的には、「アルコールフリー」表記してもOKってことらしいです。

 

別にアイキララの会社が嘘をついているわけではありません(笑)

 

もしアイキララに副作用があるとしたら・・・

 

で、上記した成分表を眺めていて...

 

もしアイキララで副作用が出るとしたら、やっぱりアルコールでしょうかね?

 

アルコールに異常に弱い方だと、もしかしたら赤みの原因になるかもしれません。

 

あとはどうでしょう...特定のアレルギーのある方次第でしょうか。

 

別にアルコール刺激に弱いといっても、お酒の強い弱いとはちょっと別です(笑)

 

アルコールに異常に弱い方

 

まとめ!色んな化粧品を普通に使えてる方なら問題なし!?

 

ということで....!

 

確かにアイキララは効きますが、まったく未知の特殊な成分が入っているわけではありません。

 

ですから、これまで色んな化粧品を試しても異常がない方であれば、アイキララの副作用も心配ご無用です。

 

つまり8割以上の方が、問題ないと思います~!

 

この8割というのは私の感覚ですが、そのくらい副作用が出たという評判はありません。

 

80%以上がアイキララを使って満足

 

だって80%以上がアイキララを使って満足しているという調べがありますからね。

 

本当に副作用があったなら、もっとインターネットに噂が広まりまくっているはずです。

 

以上、「アイキララの全成分と副作用・アレルギーについて」でした!

 

引き続きアイキララが気になっている方は、こちらも皆に読まれているのでチェックしてみてください。

 

いいですよ!

 

⇒ アイキララの口コミ集!実際の使用レポート!【保存版】