アイキララ 塗り方

アイキララで目力UP!目の下以外にも、まぶたにも塗ってOK?

 

「アイキララの塗り方をアレンジすることで透明感が出ました!」

 

あなたもよくご存知の通り、アイキララは目の下に塗るためのクリームです。

 

実際に公式通りの塗り方で、私はクマにも乾燥にも効果を実感することができました。

 

それで味を占めてしまった私は、今では目の上、まぶたにもアイキララを塗っています(笑)

 

アイキララの塗り方!アレンジして目の上へ

 

アイキララの基本的な塗り方「片目・半プッシュ」

 

まず私流(?)の使い方のまえに、さきに基本的に塗り方についてお伝えしますね!

 

アイキララは、「片目・半プッシュ」でOKです。

 

ですから、1回あたり両目をあわせて1プッシュで済むんですね。

 

右と左、それぞれ目の下にクリームをチョンとつけて、それを指で広げていくイメージです。

 

使っていけば、力加減も慣れてくると思いますよ!

 

アイキララの基本的な塗り方「片目・半プッシュ」

 

そしてアイキララを付けたあとは、乳液などでフタをするだけ。

 

シンプルですよね!特別なことはしなくても大丈夫です。

 

こちらの公式サイトをみてもらうと、さらに正しい塗り方のイメージが湧くと思います。

 

アイキララの公式サイト

 

では以降で、アレンジした私の塗り方についてまとめますね。

 

アイキララをアレンジした私の塗り方をご紹介!

 

私は目の下のみならず、目の上、つまりまぶたにもアイキララを塗っています!

 

本当にこれはアイキララの愛用者のなかで、私だけなのかもしれません(笑)

 

アイキララをアレンジした私の塗り方

 

「なんで目の上に塗るの?」

 

「まぶたに塗ると染みたりしないの?」

 

と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

その理由は、目の上にも塗ったほうが、目の周りの透明度が違ってくるからです。

 

あくまで私の場合ですが、目力がUPがしたように思えますし、実際に言われることもあります。

 

やっぱり目の印象で、初めて出会った人に与える印象ってかな~~~り変わると思うんです!

 

アイキララではないですが、「目が違うだけで10歳若がってみえる」と謳ってるCMをみかけたことことがあります。

 

その商品は知りませんが(笑)、本当にその通りだと思いますね...。

 

あ、あと目に染みたりしないので安心してくださいね!

 

別に目の下に塗るのと同じで、特になにか支障があったことはありません。

 

ぜひ、すでにアイキララを持っている方は、騙された~と思って試してみてくださいね。

 

なんとなく変化してくることに気が付くはずです!

 

さらに応用した方法!お風呂上がりにアイキララパック!

 

あと、アイキララをコットンに浸して、それを目の下に10分くらい置いてみたりもしています。

 

これはお風呂上がりにやって、翌日に備えるときなど不定期にやってますね。

 

アイキララのコットンパック・応用した塗り方

 

やっぱりパックとして置いたほうが、浸透してくれると思ってやっています!

 

ただ正直、こちらは劇的な効果はとくに感じていませんので、とりあえず気持ちのためにやってみてるだけ。

 

でも、きっともっと歳を取ったときに違いが出てくると思うので、先行投資みたいなものですね!(笑)

 

こちらの方法は、気が向いたら人だけ試してみてくださいね。

 

では以上、「アイキララの塗り方3つ」でした!